無意識?・意識?のシフトチェンジ

皆様、こんにちわ

今年はなんだかんだで暖冬ですよね、北関東の栃木県民の西のほうの住人としては

まぁ嬉しいほうですね手(チョキ)

先日約2ヶ月ぶりくらいでバイクに乗りましたexclamation

サーキットのほうでなく街乗りのニーゴー、息子の気まぐれで年1~2くらいの突如始まる

ご近所プチツーあせあせ(飛び散る汗)

跨って無意識にNから踏み込んで1速にしてクラッチミートして2~3とシフトなわけなんですが

この足先を踏むか上げるかの動作、実は(別に隠していませんが)私のサーキットマシンの600のほうは逆シフト(レーサーシフト)で加速する度にペダルを踏み込んで減速のチェンジの時にペダルを掻き上げるんですがこの街乗りニーゴーは正シフト(所謂街乗りシフト)なので先程の操作と反対になります、昨年ミニバイクの耐久で乗ったマシンも正シフトでしたね

このシフト操作がライダーによって正・逆の好みが別れるんですが乗るマシンによって違うと

咄嗟の時に「アレ?どっちだっけ?」となりシフトミスしてしまいます

ちなみに私二輪は免許16で取って20で降りて30でリターンして35まで合計約10年ずーっと

正シフトでした

レースデビューした筑波サーキットのミニバイク耐久は借り物のマシンが逆シフトで私最後まで

シフトミスしまくりでした。コーナー立ち上がりで前のマシンに追いつきそうで「行けるっexclamation

タコメーターレッド手前でシフトアップexclamationと思ったら間違ってダウンさせて爆弾爆弾、焦ってさらにダウン爆弾爆弾そんなん繰り返し。冷静な時は問題ないんですが「行けるっ」とかインさされて「負けねぇ」

って時にどうしてもミスをしてました、当時はやはり10年体になじんだものはなかなか直せないんだなーと思ってました

この時メインで乗ってたPC37とKDXももちろん正シフトです


そして時は流れて先程話のでた600の中古レーサーを購入しました

それが逆シフトで以前の事もあるので正シフト化できるような準備をしつつとりあえずそのまま乗ってみようと練習走行スタート・・・

 

ところが何故か今回は結構しっくりときてシフトミスもほとんどなく特にもてぎの130R入口なんかは若干右バンクさせながら2個上げてくんですが逆のが足首が楽ちん目

走行するごとに慣れてきて「じゃあこのままレースでちゃうか」で今現在に至っております

話を元に戻しますがこの街乗りニーゴーは正シフトなのでサーキット用600の時とは乗る時に

自分なりにモードを変えて意識して運転するようにしてます

その結果・・・

普通にシフトミスもなくプチツーも終わったわけなんですがバイクのってる時のシフト操作って意識?無意識?にやってるんですがどちらにしろ考えてみると人間の適応能力って凄いんだなと実感致しました。もちろんこれが咄嗟の時に間違いなくできるかどうかが肝心要なわけですが・・・。

 

そーいえば昔ブラック企業に勤めてるみみの席で泥酔した時にソラで社訓・経営方針等(←結構長い爆弾)朝礼のように発表しその後飛び込み営業のRPが始まるという罰ゲームのようなプレイがありましたが当時そこらへん泥酔していても普通にこなしてしまうあたり、もう完全に「無意識」に体?脳?が勝手に動いてしまうんですね、こちらは悲しい話ですが・・・(ちなみに辞めて10年以上経ちますが未だにやれてしまいますたらーっ(汗))

 

なんか話が脱線してしまいましたが、決論として「意識の先に無意識あり」「無で行う事ができれば本物」という事でしょうか、変な話お付き合いいただきましてありがとうございましたexclamation

 

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]